日本版救急蘇生法ガイドライン策定小委員会 
一般財団法人日本救急医療財団

CoSTR全文

心肺蘇生と緊急心血管治療のための科学と治療の推奨に関わる国際コンセンサス2005 2005 International Consensus Conference on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations(CoSTR):邦訳版

 目次


CoSTRの日本語訳にあたって

2005年11月28日にILCORは心肺蘇生ガイドライン改定の科学的根拠を集大成したCoSTRを発表しました。その内容をアメリカ心臓協会は「Circulation」に、欧州蘇生協議会は「Resuscitation」に掲載した。同時に、両者とも心肺蘇生ガイドラインの改訂版を公開しました。

我が国は、CoSTRに準拠して各国、各地域がそれぞれに新ガイドラインを策定することと言うILCORの勧告を受けて、日本救急医療財団に日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会を設置し策定作業を開始しました。小委員会は、我が国のガイドラインを策定するに当たって、我が国独自の科学的根拠が非常に乏しく、真に我が国に適したガイドラインを策定することが困難であることを痛感しました。そこで、ガイドライン策定と同時に次の改定(2010年の見込み)に向けた準備も開始しました。その一歩として、関係者が世界の知識の集大成であるCoSTRを理解して同じ土俵で議論し、研究を進めることが不可欠と考えCoSTRの邦訳を決定しました。

CoSTRを、できるだけ多くの関係者と共有する目的で、翻訳作業に協力していただける方を公募した。幸い多くの方々の協力を得て何とか邦訳文の形を整えることができました。

ただし、今回の公開は完成した邦訳CoSTRをお披露目することではなく、多くの方々からより良い翻訳文にするためのご意見を頂くことが目的です。忌憚のないご意見を、ホームページ(ご意見を募っています)を通してどしどしお寄せ下さい。

なお、下記の諸点についてもご了解下さい。

1)現在も訳文の見直し作業は続行しており、予告なく文章が変更されること

2)個人の学習や研究目的以外にはダウンロードしないよう配慮していただきたいこと

3)専門用語の邦訳語については、現在、契約の下に進められているAHAガイドライン、
   およびERCガイドラインの邦訳担当団体と統一する方向で協議中であるため、暫定であること

4)今回の邦訳を担当して頂いた方々には研究業績であること

5)完成度については、下記の作業工程を示していること

      完成度 1    翻訳担当者の翻訳終了
   小委員会によるレイアウトチェック終了
   監修者のチェック終了
   公開によるチェック終了
   小委員会の最終チェック終了

6)原文はインターネットで検索できること
   http://circ.ahajournals.org/rapidaccess.shtml
   http://www.erc.edu/index.php/guidelines_download/en/

日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会


PDFファイルをご覧になるには、PDFリーダーが必要ですアドビリーダーダウンロード

戻る

Copyright (C)一般財団法人日本救急医療財団 All Rights Reserved .